これまで弊社にお寄せいただいたよくあるご質問の中から、比較的多く頂いたものをご紹介いたします。

お問い合わせ、お申し込みの参考にご覧下さい。

回答に関してご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

1~10  11~20 21~30

印刷・オンデマンド印刷についてのご質問02

【質問】どんなものがオンデマンド印刷に向いていますか? その1 【回答】オンデマンド印刷の特徴は小部数でも印刷が可能であることです。実例を交えてご紹介します。
『その1.社内プリンターでも対応できるが、手間のかかっているもの』
会議資料や社内で使用する研修のプリントなど、社内のプリンターで印刷しているものは数多くあります。
例えば、40ページの会議資料を20名分印刷してホチキスで留める…などはよくある資料作成の光景です。作成するのに早くても30分間社内のプリ ンターを占領し、1部ずつまとめてホチキスで留める作業をすることになります。作成者は本来の業務はできず、社内の人間もプリンターを占領 されることで業務に支障がでます。またプリンターもカウント料金も馬鹿になりません。
オンデマンド印刷はこのようなちょっとした印刷物が得意です。パワーポイント等で作成した資料のデータを渡していただくだけで、会議の時の資料作成が完了します。


【質問】どんなものがオンデマンド印刷に向いていますか? その2 【回答】『その2.最新情報に対応しなければいけない定期ツール』
会社案内や商品パンフレットなどは、常に最新情報に対応しなければいけないツールです これらのツールは通常よく使用されるので、オフセット印刷でまとめて印刷をしてしまうことが多いかと思います。
しかし、まだ在庫が多く残っているのに『新しい商品が追加されることになった』 『会社で新事業が立ち上がった』『事業所が移転になった』など、 掲載されている情報を訂正しなければならなくなってしまったことはありませんか? このとき、古い情報になってしまった印刷物を大量に破棄しなければなりません。
オンデマンド印刷での小部数対応をしていれば、常に最新情報を掲載できます。 また、多く印刷をして在庫をしているわけでないので在庫レス、そして破棄する量を減らすことができます。


【質問】どんなものがオンデマンド印刷に向いていますか? その3 【回答】『その3.パーソナル情報(個別情報)が掲載されている印刷』
オンデマンド印刷は、通常のオフセット印刷とは印刷する仕組み・フローが違うので、1部ずつお名前、住所、会員番号などを変えて印刷ができ ます。
例えば、宛名書きや番号記帳などの面倒な手間がなくなり、なおかつ データ通りに必要実数分だけを印刷することで、無駄も一切排除でき ます。 これらの印刷物をオンデマンド印刷を使わずに行おうとするととても大変です。宛名シールを作成して貼り付けたり、1枚ずつ小型のプリンター でセットして出力をするなどの重作業になります。
オンデマンド印刷ではこれらの手間を削減できます。このサービスをバリアブル印刷といいま す。


【質問】どんなものがオンデマンド印刷に向いていますか? その4 【回答】『その4.プロモーション活動におけるオンデマンド印刷の活用』
オンデマンド印刷のバリアブル機能を使うことで、よりエンドユーザーに効果的な広告ツールを作成することができます。
例えば、新商品紹介の DMをユーザーに合わせて作成ができます。性別・家族構成・購入履歴・年齢などのお客さまデータベースを有効活用し、よりそのお客さまが興 味を持つ内容を盛り込んだ情報発信をすることでDMのレスポンス率を高めたり、お客さまの興味関心を惹きつけることができます。


【質問】オンデマンド印刷と通常オフィス内で使っているようなレーザープリンタとの違いを教えてください。 【回答】通常のレーザープリンタに比べオンデマンド印刷は印刷品質と使える紙の種類(コート紙など)が多い点で優れています。印刷のプロがお客様のご質問にお答えしますので、社内でできない印刷物、 小部数で構わないけれど品質は確保したい印刷物など、ご相談ありましたら何でもお問い合わせください。


【質問】研修資料の印刷を考えているのですが、中綴じ製本とは何ですか? 【回答】紙の真ん中を針金で綴じている製本です。あまりページ数の多くない印刷物で使用され、週刊誌などでよくつかわれます。


【質問】研修資料の印刷を考えているのですが、くるみ綴じ製本とは何ですか? 【回答】本文の背を接着剤で固めて表紙を貼り合わせています。月刊誌や、パンフレットなどに使用する本格的な製本です。


【質問】A4で12ページのパンフレットを、中綴じ・両面カラーで100部作りたいのですが、どの位で仕上がりますか? 【回答】お客様からデータをお預かりしてから、約3日後には納品が可能です。作業の一例として、
   データ入稿日:サンプル出し
   2日目:印刷(オンデマンド印刷)
   3日目:製本
   4日目:納品
このような流れでお客様のお手元にお届け致します。


【質問】印刷物の防水対策としてPP加工を薦められました。しかし、PP加工というものがよくわかりません。どのような加工ですか? 【回答】PP加工とはラミネート加工ともいい、印刷物の表面に透明のフィルムを貼り、 水で濡れる・折り目・色落ちなどのアクシデントを防ぐための加工です。 またPP加工をすることにより見た目を良くする効果もあります。印刷だけでなくオンデマンド印刷でもPP加工は使用できます。


【質問】会社では現在CSRを推進しているのですが、環境問題対策の観点からオンデマンド印刷を使うことはプラスになりますか? 【回答】はい。オンデマンド印刷は小部数印刷となっていますので、在庫を持たないという利点は環境問題対策に貢献しているといえます。
また、FSC認証を取得していますので認証を受けた用紙を使用できます。


1~10  11~20 21~30

オンデマンド印刷など、お問い合わせはコチラ